【冷蔵庫の余り物でインスタ映えする料理レシピ】冷凍庫に余っていたシーフードミックスでパエリアを作る

【冷蔵庫の余り物でインスタ映えする料理レシピ】冷凍庫に余っていたシーフードミックスでパエリアを作る

さて、食材は?

今週はずいぶん仕事が忙しくて毎日22時帰り、別に作っているブログは平日毎日更新しているんですが、仕事をしながら2,000〜2,500文字の記事を毎日更新するのは結構しんどいのです。

落ち着いて執筆する時間もないので移動時間中にスマホでポチポチやっています。

ずっと人差し指で文字入力していたら指が痛くなってしまい、いまはタッチペンでポチポチ・・・電車の中でそんなことをしている人はあまりいなくて結構目立ちます。

そんなわけでやっときた週末、奥さんは仕事なので、久しぶりにがっつり子供達と向き合おうかと。

野球やサッカーの練習に付き合ったり、スイミングスクールに付き添ったり、「息子成分」を補充できて癒されます。

いつも余り物で適当にご飯を作ってしまっていますが、今日はちょっと凝ったものを作りますかね。

とはいえ、コスト削減のため冷蔵庫にあるものはフル活用です。

  • 冷凍シーフードミックス
  • 実家からもらったほうれん草

さて、なにを作ろうか?

あまりお金をかけずに凝ったメニューとなるとなんにしましょうかね・・・

シーフードミックスはエビ、あさり、イカが入っています。

これならパプリカを買うだけでパエリアが作れますね。

ほうれん草はサラダにしてみましょう。

いざ、調理開始

●パエリア

作るのが面倒くさそうな印象のあるパエリアですが、粉末のパエリアの素を使うととても簡単に作れるんですよ。

まずはフライパンにサラダ油をひいて、少し熱してから洗った生米を入れます。

出来上がりのイメージをもとにシーフードミックスや1cm角に切ったパプリカやピーマンを配置、水にパエリアの素をまぜてまわしかけます。

パエリアの素のパッケージには「弱火で10分、蒸らし15分」とあるのですが、パエリアはおこげがあってなんぼなので、ここは弱火で30分と欲張って、ガンガン焦がしましょう。

そんなわけでしっかりとおこげのできたパエリアの完成です。

●ほうれん草と生ハムのサラダ

ほうれん草を生食するイメージがないと思いますが、結構美味しいんです。

葉の部分だけを取り、水で洗っって、キッチンペーパーでよく水気を切ります。

手で一口大にちぎってお皿に盛り付けましょう。

生ハムも一口大にちぎってほうれん草と軽く混ぜ合わせます。

パエリアの残りのパプリカをスライスして散らすと彩りが豊かになりますよ。

また、ドレッシングは市販品でもいいのですが、余っていたバルサミコ酢をオリーブオイルで半々の分量でまぜてドレッシングがわりに。

ただまぜただけなんですが、バルサミコ酢って言うだけでちょっと高級になったような気がするから不思議です。

インスタ映えする写真を撮るぞ

最後は盛り付け。

見栄えの良さは味覚を増大させますよね。

サフランライスの黄色をベースに、パプリカの赤、ピーマンの緑が一番バランスのいいアングルを探しましょう。

ライトをつけて、iPhoneのカメラを料理に近づけます。

画面に映った料理で暗い部分にタッチするとピントが合って、グッと美味しそうな写真に!

と、言うわけで、晩御飯の完成です。

さぁ、食べてみよう

やはり美味しいですパエリア。

あれだけシーフードミックスを入れたら、それはいいダシが出て、否が応でも美味しくなりますよね。

狙い通りおこげもできて子供達にも大好評。

ほうれん草と生ハムのサラダは想像通り子供ウケしませんが、いいんです私が食べたかっただけなんで。

簡単に作れて、なんだか特別感のあるパエリア。また忘れた頃に作りますかね。

更新情報はTwitterに配信しています!